少年野球チームの子ども達をキレイに撮影して残したいと思って望遠レンズを購入した話

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は、息子の野球を撮影するために、望遠レンズを購入した話です。

愛用カメラはSONYのミラーレス(NEX-5R)

我が家のカメラはソニーの「NEX-5R」です。

このカメラが我が家にやってきたのは、息子が生まれた頃。

これから写真や、動画を撮影する機会が増えるだろうということで、義母からプレゼントしてもらったものです。

それからしばらく、その高性能な感じのカメラを、出かける度に持っていっては、おもしろがって撮影していました。

でも、次第に持っていかなくなってしまいました。

理由はひとつ。

重いからです。

一眼よりも軽いミラーレスとはいえ、コンデジ(コンパクトデジカメ)に比べると重いです。

なにしろ、息子のおでかけグッズがたっぷりありましたからね。

それにプラスしてカメラを持っていこう、と思う気持ちが、時間とともにどんどんなくなっていってしまったんですね。

スマホのカメラも高性能ですし、ポケットからさっと出せますし、撮ったらすぐに見たり送ったりできますし。

カメラはWi-Fiでスマホに飛ばせるとはいえ、ひと手間かかりますし。

ということで、ほとんど使わないまま、眠らせることになってしまいました。

その前のカメラ歴はといえば

IXY L3

デジカメ歴は、キヤノン(キャノンではないんですって!)の小さなデジカメ「IXY L3」から始まりました。

これはクレジットカードよりも少し横長で、本当に小さいデジカメでした。

その代わりに、手ブレ補正などまったくなかったので、当時の夜の写真はかなりブレブレ(笑)

CX-1

次に手に入れたのは、RICOHの「CX-1」というコンパクトデジカメ(コンデジ)。

マニュアルモードとかもあった気もしますが、よくわからないまま使っていました。

あまり写真の技術の向上には興味が向かず、ただたくさん撮る、みたいな感じで使っていました。

RICOHの方は、ちょっと写真好きな人が持つようなカメラだったので、「所有欲を満たしてくれること」には大きく貢献してくれたような気がします。

ちゃんとカメラがうまくなりたい、という気持ちはあったんですが、でもやっぱり気持ち止まりでした。

単焦点レンズを入手(SEL35F18F

ミラーレス一眼を手にしてからは、標準レンズで、わけもわからずパシャパシャ撮り続けていたわけです。

機能もよくわからず、オートで撮影していました。

そもそも、一眼レフというカメラは、コンデジに比べて何が良いのか?ということすらわかっていなかったド素人。

そんなド素人が、なにかのきっかけで知ったのが「単焦点レンズ」という存在です。

なにやら「ボケ」がうまく撮れるらしい。

そんな感じでした。

うまい人の写真は、撮りたいものにピントがあって、その奥とか手前がボケボケになっていたりしますよね。

そうすると、いかにもプロが撮りましたみたいな写真に近づくような気がして。

単焦点レンズというもので撮ると、ボケるのか~!

そんな風にまたカメラに興味がわいてきたのは、息子が保育園で活躍するようになった4歳頃のことです。

で、購入したのが、このレンズです。

SEL35F18F

単焦点レンズがボケるわけ

そもそもなんでボケるかというと、「F値」とも「絞り」とも言われる値が影響しているんですって。

F値を小さくすればするほど、ピントが合う奥行きが狭くなって、被写体の奥と手前がボケるというわけです。

それに、そのF値を小さくするほど、写真が明るく撮れます。

だから、屋内でも暗い場所でも、標準のレンズよりもキレイに撮れるというメリットもあります。

デメリットは、「単焦点」なので、ズームができないこと。

それを解消するには、被写体との距離を自分で調整すればいいんですが、遠くのものを撮るにはもちろん限界があります。

反対に、近いものを撮影する時にもちょっと困ったりします。

画角(がかく)というものが、50mm(35mm換算)という値なので、狭い場所で撮影するものまでの距離が短い場合、画面に収まりきらない、ということも起こります。

でもそんな2つのデメリットはありますが、それを考慮に入れても、あまりあるメリット!

マニュアルモードで、「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を調整すれば、どんな場面でもキレイに撮れるような気がしていました。

しかし超えられない壁

餅は餅屋の、単焦点レンズには単焦点レンズの役割があります。

デメリットにもあった「遠くが撮れない」こと。

息子が小学1年生の5月から少年野球を始めて、もうすぐ2年生になろうとしています。

そんな時に妻がふっとつぶやいた一言。

「そういえば、最近子どもたちの写真を撮ってあげる人がいないね」

たしかに。

以前はお父さんコーチやお母さんが撮影したりしていましたが、最近撮ってくれていないなぁ、って思ったんです。

それに、撮った写真をチームのみんなに配っているような感じもしないですし。

1月からは新チームになって、試合で活躍するようになった子どもも増えてきましたし、今の一瞬、カメラに収めておいてあげたかった!というような瞬間もありました。

それならば!と、妻のそんなひとことに「子どもたちを撮って配ろうじゃないか」と思ったのです。

そこで物色しはじめたところ、候補が絞れました。

まず、今の 「NEX-5R」 というカメラに合う「Eマウント」というドッキング方式であること。

それと、これも大事な要素で、値段があまり高くないこと。

望遠レンズ(SEL55210)

そうすると、選ぶべきレンズがすぐに決まりました。

SEL55210 」です。

HPの説明によるとこんな感じです。

主な特長

中望遠82.5mmから望遠315mm相当(*)までの撮影領域をカバーする、スリムかつ軽量なEマウント専用光学約3.8倍の望遠ズームレンズ。

光学式手ブレ補正機能を内蔵し、望遠撮影時の手ブレも抑えます。

また、レンズ内モーターとインターナルフォーカシングによる、静かでなめらかなフォーカスで、動画撮影にも適しています。

外装にアルミニウム合金を使用した高品位な外観です。

光学式手ブレ補正機能
35mm判換算焦点距離:82.5-315mm
レンズ構成:9群13枚
最短撮影距離:1.0m
最大撮影倍率:0.225倍
フィルター径:φ49mm
大きさ:最大径φ63.8mm、全長108mm
質量:約345g

持っていた単焦点レンズよりも少し遠い、82.5mm(3.5mm換算)から、3.8倍ものズームをすることができます。

カメラに装着するとこんな感じです。

ズームしてみると・・・

ボディに対するこの大きさ!!!(笑)

これなら、野球をしている子どもたちを撮影するのに、強力な味方になってくれるでしょう!

ということで、早速、先日行ってきた、渋谷の話題のスポット「Nintendo TOKYO」で試してきました。

スプラトゥーンのこのキャラを、一番手前で撮るとこんな感じ。

それを・・・

一番アップにするとこんなに大きく!

かなり、望遠の効果があることがわかります。

これは楽しみです。

望遠にするとF値が自動的に大きくなって、画面が暗くなることに、帰宅してから気付きました。

ズームして使う場合には、ちょっとした気配りが必要になりそうです。

屋外だと明るいことが多いので、そこまで気にしなくてもよさそうかな?とも思います。

今回は、望遠レンズを手に入れて、これから子ども達が野球をしている場面を切り取るぞ~!と思って張り切っている話を書いてみました。

早くコロナが収束して、野球ができますように。という願いを込めて。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。