「スコッチグレインの靴&ガンゾのベルト」で生まれて初めてのネイビーに挑戦

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は、ネイビーの靴とベルトに初挑戦した話を書いてみます。

とーかいりん=黒のストレートチップ

これまで仕事用の靴は、なんとなくマイルールがありました。

それはこの3つです。

「黒」「内羽根」「ストレートチップ」

ルールというよりは、好みに近いと思うんですけど。

社会人になりたての頃に決めていた、

シャツは白」

「スーツはネイビーorチャコールグレー」

「ネクタイはネイビー系の小紋orストライプ」

「靴&ベルトは黒」

のような「ザ・王道」の時代から、靴だけはなんとなく、そのまま来てしまっていました。

靴のラインナップに革命を起こそうとすると、お金がかかりますし。

それに、「変わらない」ということは、考えなくていいので、楽なことでもありますよね。

「一度決めた生命保険について、また考えることに時間を割くなんて面倒だ」と思う人の気持ちを身をもって体感したような、そんな感覚をおぼえました。

ついでにちょっと宣伝しておくと、とーかいりんの生命保険の話は非常にシンプルで、20分で終わります。

宣伝、以上(笑)

3足ローテーション

靴は「1日履くだけで何リットルもの汗をかく」と言われているので、一度履いたら休ませる。

そうすることで、靴にやさしいと言われています。

靴好きな人は5足とか6足とか、10足とか、中にはコレクションのように何十足も持っているような靴が大好きな方もいるようです。

でも合理的なとーかいりんの場合は、3足で充分と考えていました。

それに、これも合理的なんですが、靴に関しては全く同じモノを3足買って、選ぶ時間をなくす(今は、それはつまらない!と思う)。

その3足をローテーションして、最低でも2日は休ませてあげる。

壊れてきたら買い足す。

そんな感じで革靴に関しては、こだわり少なめな人生を送ってきました。

人とは違うものを

最近の仕事の時に身につけるものは、

「白パン(トラウザーズ)」

「チェックのシャツ」

「ネクタイ」

というのが定番になっています。

どれも自分が大好きで選んで買っているものです。

「バッグ」も「財布」も「時計」も「万年筆」も、やっぱり自分が大好きなもので、特にこれらは眺めているだけで幸せな気持ちになれます。

「誰もが知るものではない」もので、「上質なもの」

物選びの選択基準は、昔からなんとなくそんな感じです。

仕事用のバッグの中身について書いた記事はこちら

とーかいりんのバッグの中身を大公開【ビジネス編】男爵はふだん何を持ち歩くのか
https://rinsuke.com/contents-my-bag-business/

大好きなものを使うと、使う度に気分が上がるので、いつでも良い気分ですごせるという副産物も生まれます。

でも、靴に関しては、なんとなくこだわりなく42歳まできてしまっていました。

ましてや 「黒」「内羽根」「ストレートチップ」 というのは定番中の定番なので、「なにか人と違うものを」という最近の思いとギャップがあったんですよね。

スコッチグレインを狙っていた

そんな「人とは違うものを」と思っているにもかかわらず、次に狙っていたのも、 「黒」「内羽根」「ストレートチップ」 の靴(笑)

スコッチグレインの店に行って、試着もして、次は「オデッサ」というモデルに決めていました。

916BL(E) オデッサ

でも、「本当に今までと同じでいいのか?」という引っ掛かりと、「人とは違うものを」という願望が、しばらくせめぎ合っていたんですよね。

欲しいものがあると、ネットで調べたり、現地に行ったりして、「これでいい!」ではなく、「これがいい!」と思えるまで色々と調べる質(たち)なので、散々ウロウロしました(笑)

そうすると、スコッチグレインのホームページで、ネット限定のネイビーの靴を見つけてしまったんです。

WEB限定品・黒箱フェア HI1005NV(E)

【カラー】ネイビー
【サイズ】24.5cm~26.5cm(サイズ限定品)
【ウィズ】E
【デザイン】ブラインドブローグ
【製法】グッドイヤーウェルト製法
【甲革】イタリア ゾンタ社 オールドイングランド
【中底】牛革
【表底】オイルレザーソール
【付属品】木製シューキーパー(※木製部分のカラーが異なります)、シューズバック

イタリアの名門タンナー「ゾンタ」の革をアッパーに使用した限定モデルが、オンラインストア限定「黒箱フェア」で登場です。
HI1005はブラインドブローグで、ブローグがなく、より長くスマートに見えるようなデザインとなっています。

◆この商品は、2020年1月8日(水)正午発売です。
限定商品のため、在庫がなくなり次第終了となります。 サイズ切れやサイズ交換もご注意ください。

「黒」ではなく「ネイビー」で、「ストレートチップ」でもなく、「ブラインドブローグ」で、これはいい!と脳で感じて、瞬間的に恋に落ちました。

でも次に出てきたのが、「ベルトは黒のままでいいのか?」という疑問。

ベルトはGANZOのネイビー

「靴とベルトは色を合わせる」というのが、基本的なセオリーですよね。

だから今まで無難に(?)「黒×黒」の組み合わせで生きてきました。

だから、ネイビーの靴を見た時には、「ネイビーのベルトなんてあるのかな?」という疑問。

どれほど靴とベルトには気を配ってこなかったかが、おわかりになると思います(笑)

でも、スコッチグレインの店を訪れた時に、ネイビーのベルトが用意されているではありませんか。

それなら、ネイビーの靴もありだな。

あ、でも、GANZO(ガンゾ)のポイントが5,000ポイント近く貯まっていることを思い出して、ググると・・・

あった!

ネイビーのベルトが!

しかもバッグと同じブライドルレザー!

ブライドルレザーは新品の時には、写真のように「ブルーム」という蝋(ロウ)の結晶のようなものが表面に浮き出ているので、それを乾いた布で拭き取ってから使います。

ちなみに、これはサイズ調整ができないベルトなので、この先、太ることもやせることもできません(笑)

このベルトのために、自分を律することができそうです。

プレメンテ

早くこの靴とベルトで出かけたい。

という気持ちを抑えて、靴が大好きな友人に聞いてみました。

きっと良い靴には、「新品の靴にそのまま足を入れて出かける」前に、何かすることがあるんだと思いました。

それで教えてもらったのが、「プレメンテ」

「プレ(履く前の)」「メンテンナンス(お手入れ)」をした方がいいよ、ということです。

聞けば聞くほど、その情報をもとにググればググるほど、「そのまま履かなくてよかった~」となるのでした。

今回はここまでです。

次の機会に、「靴素人のとーかいりんが、初めてのプレメンテをやってみた」について書いてみようと思っています。

なにしろ、まだプレメンテ用のグッズを入手していないので。

買ってやってみたら、書きますね。

今回は、初めてネイビーの靴をスコッチグレインで購入して、それに合わせてネイビーのベルトをガンゾで購入したことについて書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。