「ハタケヤマのシェラームーブ」を柏のベースマンで購入|将来の息子のピッチングに備えて|3ヶ月で3個目のグローブ

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は、息子のピッチングを受けるための、キャッチャーミットを手に入れた話です。

少年野球を始めた息子がグローブを買った話

その時の記事はこちら。

息子のグローブは大阪の野球用品メーカーの「ハイゴールド」に決定
https://rinsuke.com/glove-higold/

ボクも自分のグローブをゲットした話

メーカーは息子と同じのにしました。

その時の記事はこちら。

息子と同じ「ハイゴールド」のグローブ~外野手用を柏のベースマンで購入
https://rinsuke.com/higold-outfielder/

キャッチャーミットはハタケヤマ

そして、「ピッチャーをやりたい!」と言っている息子の球をいつか受けるために、キャッチャーミットを物色。

「キャッチャーミットはハタケヤマがいいよ」と言われて、調べてみました。

他のメーカーと何が違うんだろう?

「シェラームーブ」ってなんだ?

なになに。3種類あるのか。

とか、色々ググっていると、「シェラームーブ」とは、中指、薬指、小指の部分が、甲殻類の蛇腹のようになっていて、曲がりやすくなっている仕様のことでした。

見た目もカッコイイし、シェラームーブ一択に。

シェラームーブでも色々な色があります。

単色では「オレンジ」「ブラック」「イエロー」の3色。

2トーンカラーのは色々な組み合わせがあります。

「ネイビーベース✕レッド」
「レッドベース✕ネイビー」
「オレンジベース✕ブルー」

「ブルーベース✕オレンジ」
「レッドベース✕イエロー」

「イエローベース✕レッド」
「ブラウンベース✕ブラック」

「ブラックベース✕ブラウン」

この中では、
「レッドベース✕ネイビー」かなぁ。と思っていたところに。

「レッドベース✕ブラック」が現れた。

ひとめぼれ。だんとつカッコええ~!

一番好み!

しかしあまり数がなさそう。

ベースマンに電話だ!

他の店舗に1つあった!

ということで、取り寄せてもらいました。

ついにシェラームーブが我が家に

買おうと思ってから、来る日も来る日も検索し続けました。

どうやってボールを捕る「ポケット」を型付けするかとか、

真新しいミットをバッティングセンターに持って行って、ひたすら受けて型付けをするといいよとか、

実際に使っている人のブログとか、

いやぁ、こうして買う前にあれこれ調べたり、妄想したりすることは、本当に楽しいもんです。

買ってきたので、家で撮影してみました。

オレンジっぽく見えますが、本当は鮮やかなレッドです 。

人差し指の左側の黒い部分と、その奥の部分がシェラームーブです。

捕球面はこんな感じ。

赤がベースなので、捕球面も赤の面積が多いですね。

うちのチームはユニフォームが白✕赤なので、赤一色よりも、フチドリが黒なのも見やすいかなと思います。

新しく我が家にやってきた革製品に対して、今回はニャンズは興味を示しませんでした。

が、もしかして、興味ないふり?

あとでこっそりと嗅ぎにくるかもしれませんね。

これからの型付けが楽しみ

家に帰るまで、袋に入れておけばいいのに・・・

移動中の人が少ない電車の中とか、

誰もいない深夜の駅からの帰り道とか、

待ちきれなくて袋から出してさわってしまったりと、「家に帰るまでおもちゃを開けるのを我慢できない子ども」みたいなことをしてしまった初日です(笑)

息子がピッチャーの練習をするようになるまでに、というか、もう公園のキャッチボールでもするので、早いところ、「スパーン」って音が鳴るように、仕上げていきたいと思います。

でも、キャッチャーミットは硬いので、焦らずじっくりですね。

それに使うのは、ベースマンで買ってきた新しい硬球。

グローブパンパンは硬式球の方がグローブにやさしいようなのです。

深夜など、迷惑になる時間帯は避けたいと思います(笑)

深夜にグローブをパンパンしてクレームが来た話
https://rinsuke.com/glove-panpan/

今回は、ハタケヤマの「シェラームーブ」のキャッチャーミットを、柏のベースマンで買ってきた話を書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。