開栓後の日本酒の保管にはワインでおなじみの「バキュバン」がオススメ|飲み切る目安は10日くらい?

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は日本酒の保管方法について書いてみます。

とーかいりんは大の日本酒好き

学生の頃から、ずっとビールが大好きでした。

最初から最後までビールで充分なくらいビールが好きでした。

飲み始めた頃から、色々飲んでみた結果、15年以上スーパードライ派でした。

いつでもどこでもスーパ―ドライでした。

スッキリ辛口が大好きだったんですよね。

でもある時、ドイツでは「ビール」の原材料は「麦芽、ホップ、酵母、水」のみ、ということを知って、本物志向なとーかいりんは、あっさりと「一番搾り」「エビス」派に転向したんです。

プレミアム・モルツはちょっとボクには「プレミアム」すぎて、ちょっと濃すぎる印象なので、「一番搾り」「エビス」に落ち着いています。

それらを飲むようになってから、糖類が入っているビールを飲むと、不自然な甘さを感じるような気がして・・・

今は「辛口」じゃなくて、「甘口」なんじゃない?という印象を持っています。

日本酒好きになったきっかけ

とある「蔵元×居酒屋」のイベントで好きになりました。

2015年の11月のことです。

それ以来、飲むのは専ら日本酒。

最初の1杯から日本酒の時も、多々あります。

それから約4年、色々なことを経験したり、勉強しました。

極上の日本酒をもったいぶりすぎて、まずくしてしまうこともありました。

日本酒は生きている

昔ながらの日本酒は、簡単に言うと、菌が米を変化させます。

生きものなんです。

それを、

「生のまま出荷」するか、

「1度の加熱処理をして出荷」するか、

「2度の加熱処理をして出荷」するか。

大きく分けると、この3パターンです。

開封後にそのまま冷蔵庫に入れて、うまいまま飲める目安は数日じゃないかと思います(個人的な印象です)。

あんまりそのような保管はしたことがないので、なんとも言えませんが。

開封した後は、中に入り込む空気が、日本酒を酸化させてしまうのです。

そんな時に活躍するのがバキュバン

バキュバンというと、ワインの保管に使うことで有名ではないでしょうか。

グレーのゴムのフタを注ぎ口にはめて、この白いポンプをゴムに当てて、空気を抜くんです。

白いポンプを上下させて、空気を抜いていくと、シュッシュッ!という音が鳴ります。

その音が「カキンカキン」という音に変わったら、完了です。

四合瓶の場合は割と早くに抜けますが、一升瓶の場合で、しかも日本酒の残りが少ない場合は、けっこうな重労働です。

でも、おいしさを保つためなら頑張れます。

どのくらい保てるか

1週間くらいかなぁと思います。

もっても10日くらいじゃないかと思っています。

もちろん、その酒によります。

空気を抜くとはいえ、開封後に酒を注ぐ時に、多少なりとも空気とふれあってしまうので、そこから徐々にですが、酸化は進んでいきます。

そして、酒は劣化していくのです。

我が家はマイナス5℃の専用冷蔵庫で保管

日本酒は生き物ですから、その熟成を抑えるのに最適なのが、マイナス5℃と言われています。

日本酒が凍りもせずに、熟成も進みにくい温度。

アルコール度数が高い日本酒は、不思議なことに0℃でも凍らないんです。

我が家にはその日本酒専用冷蔵庫があるんですが、それについてはまた別の機会に書いてみようと思います。

1週間~10日くらいというのは、その冷蔵庫での保管の目安なので、普通の冷蔵庫では、もう少し早めに飲みきった方がいいんじゃないかと思います。

四合瓶なら2、3日。

一升瓶なら、毎日飲んで5日~7日くらいでしょうか。

発泡している酒には使えない

バキュバンを使うにあたって、注意事項があります。

スパークリングはもちろん、微発泡の酒にも使えないんです。

なぜなら、バキュバンによって、泡が強制的に液体の中から吸い出されてしまうからです。

ずっとやると、発泡がなくなってしまいます。

スパークリング日本酒も、ただの日本酒になってしまうんです。

これだけはご注意くださいね。

今回は、日本酒の保管にはバキュバンがオススメ、という記事を書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。