男性の大事なところを守ってくれる「ファウルカップ」を入手した経緯と実際に当ててみた感想

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は男性の大事な場所を守る「ファウルカップ」について書いてみます。

突然ですが、ファウルカップ使っていますか?

とーかいりんは、少年野球のコーチをするようになって1年経ったこの時期に、初めて購入して使ってみることにしました。

男性ならわかるあの痛さ

指で弾いても痛いっていうのに、硬いモノが当たるなんていうことがあったらもう地獄ですね。

とーかいりんは、小学校2年生から野球をしていますが、今までの野球人生で2度、ボールが股間を直撃して、悶絶したことがあります。

思い出せるのはたしか、バッティング練習のキャッチャーをしていた時だったと思います。

あれ、本当に本当に本当に痛いです。

「本当に」を何回付けても足りないくらい痛いです。

めちゃくちゃ痛いです。

生きているのがイヤになるくらい悶絶します。もういっそのこと・・・

なんて、冗談ではないくらい痛いです。

今思うと、軟式球でも悶絶なのに、高校の硬式球での練習の時にも、ファウルカップというものを付けていなかったばかりか、そのものの存在を知らなかったんですから、恐ろしいことです。

そんな股間直撃の悶絶を、日常生活で目にする機会と言えば、ボクの場合はこの2つの場面です。

野球のキャッチャー

バッターが打ったファウルチップが飛んできて、股間を直撃!とか。

ピッチャーが投げたボールがワンバウンドして直撃!とか。

主にキャッチャーの珍プレーとして、よく見るアレです。

もうひとつの場面としてはこれ。

格闘技の試合中

主にヒザが股間にキマってしまう、「ロウブロウ」ってやつですね。

痛そうですよねぇ。

ボディにくらっても大ダメージなキックを、股間で受け止めるわけですから。

男性ならあの場面で、自分の股間がヒヤっとする人も多いんじゃないでしょうか。

買おうと思ったきっかけ

きっかけはこの動画です。

おもしろいのでよく見る、You Tubeの野球系チャンネル「クニヨシTV」

野球情報満載なので、シャツにアイロンをかけながらとか、爪を磨きながらとか、筋トレしながらとか、歯を磨きながらとか、よく見ます。

そんな中で紹介されていた動画がこちら。

クニヨシが緊急入院!睾丸に硬球が直撃して破裂寸前…

トライアウトとはいえ、プロレベルの投手のボールが、しかも硬式球が、股間を直撃!という事故の動画です。

いやぁ!痛そうですねぇ!

自分がそうなってしまうことを想像するだけで悪夢のようです。

とーかいりんが買ったのはこちら

100A/100T Carbon Flex Cup カーボンフレックスカップ
http://www.shockdoctor.jp/product/item-flexcup/

218 Core Supporter CP コアサポーターCP
http://www.shockdoctor.jp/product/item-core-supporter-cp/

ファウルカップはキャッチャーだけのものではない?

それまで「ファウルカップ」というものは本格的に野球をしている人、しかもキャッチャーがするもの、という認識でした。

でも、色々調べると、キャッチャーだけでなく、プロ野球選手の野手でもする人も多いのだとか。

たしかにイレギュラーするバウンドをさばく時に、その事故が起こる可能性もありますよね。

ボクの場合はこれから、審判として、特にキャッチャーの後ろに控える主審をする際には、間違いなく必要だと思います。

アウトコースにずれて構えるキャッチャーと、バッターの間には空間ができますから、バッターのファウルチップだけでなく、ピッチャーのボールが直撃する危険だってあるわけですからね。

ということで、これは大惨事が起こる前に、装着すべきものだと思って購入しました。

息子もキャッチャーをやりたがっているので、いずれ買ってあげないとな、と思っています。

未来ある男子にとっても、とても大事な部位ですからね。

装着感

さすがに装着した写真はアップできませんが(笑)、思ったよりもイイ!

という感じです。

カップ自体は、モノ全体を包みこんでくれて、はみ出すということはありません。

こんなに細身なのに、全体をカバーしてくれます。

さらに、専用のサポーターでしっかりと固定してくれる感じが頼もしいですね。

そして、もうひとつ肝心なのが、「動きの邪魔にならないか」

これは、まだ野球では使っていなくて、ちょっと動いてみただけの感想にはなりますが、「まったく邪魔にならない」という感じです。

これは意外です。

ちょっと前方向に盛り上がりますけどね(笑)

試しにパンチしてみた(笑)

どういう原理で守ってくれるのか、完全に勘違いしていました。

「当たると痛みが緩和される」くらいに思っていたんです。

衝撃を和らげてくれるくらいなのかと思っていました。

全然違います。

カップ自体は変形しようもない硬さでできていて、衝撃はすべて、カップの周辺部が体へと逃してくれます。

その逃げる先は、足の付け根などの部分です。

内容物には、ほとんど衝撃はありません。

いやぁ、これは意外な驚きであり、意外な安心感です。

実際に使うのが楽しみになりました。

今回は、ファウルカップを初めて購入したことについて書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。