小1の息子のバットがZETTの「スイングマックス」になった理由と使用感|とある野球漬けの1日も交えて

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は、息子の野球のバットを選ぶまでと、その後の感じについて書いてみます。

バットをどうやって選んだか

少年野球チームの先輩コーチに聞いてみた

まず、どうやって選ぶかのモノサシを持っていなかったので、何気なく聞いてみました。

その答えは、「地面からベルトの高さくらいの長さ」がいい。

なるほど~!

ためになります。

元プロ野球選手に聞いてみた

次にスポーツ用品店に行ってみました。

なんとそこには、たまたま、元プロ野球選手が社員として働いていて、アドバイスをいただけたのです。

「大人用のバットは、あなたのベルトくらいの長さがありますか?」

ないですね。そんなに長いと振れません。

股下プラスアルファくらいかなぁ。

「力がない子どもは、とにかく軽くて短いのがいいですよ」

なるほど~!

「重い方が当たったら飛ぶけど、当たらないとバッティングがつまらなくなっちゃいます」

「だからまずは、思い切り振り抜けるものを選んだ方が、楽しくできると思いますよ」

というアドバイスをそのまま受け入れて、ひたすら軽いものを探しました。

たどり着いたのは、ZETTのスイングマックス

65cm 380g

これよりも短いのもあったんですが、短いのに重かったり。

色々考えてこれにしました。

チームメイトに笑われるくらい短い

他のみんなと比べてみてもかなり短いです。

いや、むしろボクは、みんなが長すぎるんじゃないかと感じてたりするんですが。

ボクは職業柄、素人がいかに素人な考えをするかを知っています。

「黙ってプロの言うことを聞いとけ」という考え方がいかにメリットがあるかをよく知っています。

だから、関係ないんです。

人がどう思うかは。

ましてや、他の子どもがどう思うかはもっと。

ということで、このバットが息子にとっての初の相棒になりました。

 

そんな息子は、最近は野球漬けで、たとえばある1日の流れはこんな感じです。

朝から近所の公園に行って野球

まずは準備運動をしてキャッチボール

息子はボクのダイレクトな送球がまだちょっと怖いみたいです。

近い距離ならいいんですけど、ちょっと離れると、ゴロを転がしてあげます。

息子はバシっと投げてきます。

ボクが座って息子はピッチャー

肩があたたまってきたら、ピッチャーです。

ちゃんと14mくらいの距離にプレートを書いて、ボクが構えるキャッチャーミットめがけて投げ込んできます。

何球に1回かは、ストライクゾーンに投げ込んでくるので、たのもしいですね。

とにかく、「ピッチャーをやりたい!」んだそうです。

フリーバッティング

ボールを後ろに逸しにくいように、太い木を背に配置して、息子が打ちます。

上から投げるとまだついていけないこともあるので、今は下から投げています。

基本的には、センターからレフト方向に行くことが多いですね。

守備はもちろんボク1人です。

だからとってもハードです。

塁間よりちょっと短めの距離に木があるので、それを1塁と3塁にして、2塁あたりは、芝生がはげている部分を目印にします。

ちゃんと守備がいればフツーの内野ゴロみたいな当たりでも、なにぶんボクしか守備がいないもんで、簡単にスリーベース、下手するとランニングホームランになったりします。

そんな時に、妻が登場。

女神に見えます。

妻にピッチャーをまかせて、ボクは左中間あたりを守ります。

2人から3人になるだけで、こんなにも楽になって、野球らしくなって、楽しくなるとは。

妻サマサマです。

気付いたら2時間やってました。

朝とはいえ、真夏なので、みんな汗だくです。

家に帰って高校野球を見る

我が家はテレビを見る時間を、朝30分、夜30分と区切って、息子が自分でタイマーで測って見ています。

でも、高校野球は野球の勉強になるので、その時間の枠外で見せています。

特に習志野高校の試合は何度も見ていて、ボクよりも選手の名前をよく覚えているくらいです。

プールに行く

家から車で30分くらいのところにあるプールに行く途中、車の中で高校野球を見ます。

プールでは1時間半みっちり遊びます。

主に流れるプールでじゃぶじゃぶ。

足が届かない25mプールに行ってバシャバシャ。

息子は水に対する恐怖心がまったくなくて、足が届かなくてもどんどん自分から行っちゃいます。

水の怖さは知っておいて欲しいので、「ちょっとくらいは怖がってよ~!」なんて思ったりします。

帰宅してまた公園で野球

午前と同じ流れで、また野球をします。

途中から妻も合流してくれて、また楽しい3人の時間が始まります。

2回めのこの時間

1塁牽制の練習

キャッチャーはボク。

妻がファースト。

そんなフォーメーションです。

多分、高校野球を見て触発されたのか、見よう見まねでやり始めたんです。

だから、プレートの右足を2塁の方に外して、左回転で振り返って1塁に投げる。というのをやって見せてあげました。

その後は、息子も牽制のやり方を覚えることができました。

これで1つ、野球について1つ、レベルアップしました。

息子がノック

突然「打つよ~!」と言い出して、守備につかされます。

左手で上げて、右手1本で打つ。という感じで、ノックが始まりました。

ゴロを転がして返して、また打つ。

それの繰り返しです。

大人がやっていることを、自分もやってみたいんだなって、微笑ましい気持ちになりました。

空振りばっかりだけど、たまにちゃんとやさしい打球が飛んできて、守備の楽しさも味わえるので、ボクにとっても良い時間でした。

バットを使っている感じ

はじめの頃は、こんなに短さと軽さにこだわったバットでさえも、まだ重そうに振っているので、短く持つように言っていました。

そのうち、息子が一番長く持つようになってきたので、そのままにしておいたんです。

だってもしかすると、「グリップエンドの出っ張り部分で引っかかるのが、バットを握る力を軽減させてくれる」のだとしたら、それもありかな、と思ったので。

なんとなく振り抜けるようになってきたので、今ではそのまま長く持ってます。

でも、まだまだ完全にバットを使いこなすまでには至っていないので、練習あるのみですね。

ボクもですが、本人も野球をするのが楽しくて仕方ないようなので、その気持ちを一番大事にしてあげようと思います。

今回は、息子のバット選びとその使用感、あとは、最近の野球漬けのある1日について書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。