Switchの「スプラトゥーン2」で3部門ウデマエS|楽しくて楽しくてハマりすぎている話

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は、Nintendo Switch(ニンテンドウ スイッチ)の「スプラトゥーン2」というゲームについて書いていきます。

途中からはかなりマニアックな内容になっていくので、興味のある方だけお付き合いくださいね。

とーかいりんはゲームはしなかった

これまでの人生で、なるべくゲームはしないように生きてきました。

なぜなら、ハマるとひどいことになるからです(笑)

過去には、高校生の時に友人に借りた「ロマンシング・サガ」を一日中(朝から晩まで&晩から朝まで)やっていたりとか。

社会人になってからは、モバゲーの「農園ホッコリーナ」とか、「単車の虎」とか、際限なくやっていたことが遠い過去の記憶として思い出されます。

もちろん、やっている時は楽しいんですけど、あまりにものめり込んでしまうので、「ゲームは人生の浪費」と思うようにしていたんです。

実際にそのように公言もしていました。

もちろん当時も今も、そんな極端な考えを人に押し付けたりはしないですよ。

我が家にゲームがやってきた

妻もゲームはしない人だったので、我が家には、ゲームがやってくるなんて、思ってもみませんでした。

息子が小学校にあがって、友達が持っていたら欲しがるんだろうな、くらいには思っていましたけどね。

そんな我が家に、2020年の3月に息子の誕生日プレゼントとして、「Nintendo Switch」がやってきました。

息子が小学校1年生の3月です。

その時の記事はこちら

Nintendo Switchが我が家にやってきた~ゲームを買い与えるか問題に終止符
https://rinsuke.com/nintendo-switch/

しばらくは、「マリオカート」「マインクラフト」を息子と一緒に平和に楽しんでいました。

マインクラフトに関してはこんな記事も書きました。

もうそこには息子はいない・・・現実に息子が巣立った後の世界をゲームの世界で疑似体験
https://rinsuke.com/he-has-gone/

当時は、寝ても覚めてもダイヤモンドを掘っていました。

懐かしい。

2017年7月21日発売の「スプラトゥーン2」

スプラトゥーンというゲームは1作目に引き続き、現在は「2」が最新版として、流行しています。

これを書いている2020年11月30日の時点で、Nintendoオンラインのダウンロードランキングが16位。

3年以上前に発売されたゲームとしては、驚異的なロングランなんじゃないかと感じるんですけど、どうなんでしょうね。

2020年4月30日に体験版を開始

ソフトの発売から遅れること約2年半。

出会ってしまいました。

4月30日~5月6日までの無料体験期間に、ハマりました。

ちょうど気になっていたので、やってみた程度なんですが、自分でもここまでハマるとは思っていませんでした。

もちろん、無料体験の終了と同時に有料のソフトを購入したことは言うまでもありません。

そこからは時間の長短はあれど、ほぼ毎日スプラトゥーンにふれていると思います。

初期の頃はナワバリ専門

このゲームは主に、4対4で地面にインクを塗るゲームなんですけど、塗ってもいいし、そのインクで敵を倒してもいい。

遊ぶ人によって、楽しみ方は自由なんです。

初めた頃は、手慣れた先輩たちである「敵」と戦うのが恐いので、ひたすらインクを塗った面積を競う、「ナワバリバトル」ばっかりやっていました。

一度は戦いがメインの「ガチマッチ」に潜ったんですけど、ルールが理解できず、あっという間にやられてつまらなかったので、しばらくはナワバリ専門でした。

ガチマッチをするようになりYou Tubeで研究

スプラトゥーンを始めて2ヶ月くらいだったかな・・・

ガチマッチもやってみたくなって、プレイ時間の大半がガチマッチになりました。

最初はやってもやってもなかなかウデマエが上がらないので、You Tubeで研究しては試行錯誤をする生活が始まります。

めちゃくちゃ調子が良いと「21キル」なんていうことも!(20を超えることは滅多にありませんが)

まだB帯のころですね・・・

上達のために見るのは、主にこのチャンネルです。

やんもスプラch →すべてはこの人から学んでいます

オバフロちゃんねる →オーバーフロッシャー専門なので

なぎおの部屋 →やさしいトークと笑い方がツボ

まぎえーす/MAGIACE ハイカス使いだけど、トークがおもしろくてサイコー!

そんな研究&実戦を重ねる日々を送っていると、ついにこの日がやってきました。

ガチエリアで初めてウデマエSに

スプラトゥーンを始めて4ヶ月(ガチマッチを始めて2ヶ月?)。

全ガチマッチを通して、初めて「ウデマエS」を達成しました。

ウデマエというのは、強さの指標のことで、「C-」から始まり、勝率によって「C」「C+」と上がっていきます。

同様に、Bで3段階、Aで3段階と上がっていきます。

その更に上にあるのがこの「S」

「S」以上は、スプラプレイヤーのうち、上位12%くらいになるのだとか。

その更に上はウデマエ「X」という、猛者中の猛者の人たちの世界も存在します。

とーかいりんはそこに入ることを目指しています。

当時のギアは画像の感じ。

とにかく「敵と対面する時の強さ重視」で、「イカ速」が多めの構成です。

スペシャルのアメフラシも早く貯まるように、とも思っていました。

武器はオーバーフロッシャー

ご覧のとおり、武器はオーバーフロッシャーという、お風呂から泡が4発飛び出るものです。

略して「オフロ」(笑)

お風呂の形をしていることからも、完全に略称が「オフロ」になることを狙ったネーミングなのではないか?って思っています。

この武器、とにかく、弾が遅い!

スプラトゥーンで一番遅いと言われています。

その代わりに塗り性能が高いのと、1振りの4発を全部当てるとキルできるのと、射程が長いことが強さのポイント。

撃ち合いが強い武器と対面すると、間違いなく不利なんですけど、そこをうまく立ち回るのに頭を使います。

まあ、とにかく撃っていて楽しいので、スプラトゥーン人生の大半をこの武器とともにすごしてきました。

今まで910万ポイント塗っているうちの、740万ポイントがこの武器なので、ほぼこればっかりと言っていいでしょう。

初期の頃は「N-ZAP」(3種類とも使用)で強くなろうと頑張っていました。

ガチアサリで初めてSに

エリアのS昇格から、時が経つこと3ヶ月。

エリアは何度もSに上がっては落ち、を繰り返していましたが、他のガチマッチでは何度もA+からSへ上がれそうで上がれない状態でした。

そんな中、

ついにガチアサリでもSを達成することができました。

Switchに何時間遊んだか記録されているんですが、それによると、ここまでにプレイした時間は700時間くらいです。

最近はしばらくずっと、こんなギア構成です。

メインは「人速度アップ」「サーマルインク」「ステルスジャンプ」

それに、「メインインク効率」「インク回復」「イカ速度アップ」

0.1でも積んだ方がよいとオススメされた、「爆風軽減」と「ジャンプ短縮」のおかげで、デスを何度も免れていると思いたい。

最近意識的に使うようにしている、サブの「シールド」を使った後に「インク回復」があると便利なのです。

「メインインク効率」も大事ですけど、「インク回復」にも助けられています。

ガチホコでも初めてSに

ガチアサリのS達成をしてから寝た翌朝、ホコでもSになりました。

いやー、感慨深い!

もちろん、Xまでの道のりはまだ始まったばかりと言ってもいいくらいですが、まずは「エリア」「アサリ」「ホコ」の3部門でのS達成には、感慨ひとしおです。

ちなみに、これを書いている11月30日現在、アサリはSをキープしています。

しかし、ホコは、昇格後の5連敗で、最速でA+に降格しました(泣)

甘くないですねぇ。

Aから比べると、Sの戦いは、一気にスピード感が増して、強いヤツらがウヨウヨしているのは明らかです。

このまま続けていったら、もっとうまくなるんだろうか・・・

なんて考えると、なんだかクラクラしてしまうような感覚になります。

その一方で、こんなゲーム初心者がSまで来られたんだから、上達を続けていけばXも夢じゃないんじゃないか?という思いもあります。

しかもこの武器、一般的には攻撃的ではなく、弱い武器とも言われています。

だから、そんな武器でがんがんキルを取って「X」になったら達成感も大きいんだろうな、なんて思っています。

そろそろゲーミングモニター導入か

家でスプラトゥーンをする時には、Switchをテレビにつないでプレイしています。

でも、あまりにボクがテレビを占拠しているので、やんわりとしたクレームが入りそうな気配を感じる今日このごろ。

そろそろ、ゲーミングモニターの購入を考えねば、と思っているところです。

買うとしたら24インチくらいかなぁ。

でもそんなことしたら、部屋に引きこもって、家族との交流が少なくなってしまうのではないか・・・なんて危惧もあったりするんですが。

息子はフォートナイト&You Tube、妻はあつもりこと「あつまれ どうぶつの森」にハマっています。

だから、3人それぞれが画面に没頭している、なんという以前では考えられない状態も多い我が家です。

いずれにしても、こんな感じで好きなことに没頭させてくれる、家族に感謝しないといけないですね。

今回は、Switchの「スプラトゥーン2」というゲームにハマって、ついに、ある程度のウデマエにきたよ、という話を書いてみました。

またウデマエに進歩があったりしたら書いてみようと思いますので、この話題がおもしろい!と思えたコアな方は、お待ちいただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。