ほめられたら「謙遜」ではなく「ありがとう」と言う方が運が良くなる法則

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は、とーかいりんがほめられた時に、なんと答えているかについて書いてみます。

謙遜は日本人の美徳?

ほめられた時、あなたはどうしますか?

「いやいやいや~」って「謙遜」します?

照れて笑って、その話題が無かったかのように、過ぎ去ることを待ちます?

とーかいりんは、「ありがとうございます」とお礼を言うようにしています。

なぜなら、まず第一にはうれしいからです。

ほめるのにはエネルギーがいる

ほめることには、エネルギーが必要だと思います。

そんな話を、ほめることが得意な人にすると、「そんなことない」とよく言われたりもしますが。

ほめることが習慣化している人にとっては、実際そうなのかもしれません。

でも一般的には、人の良いところは意識的に探さないと、なかなか見つけられるものじゃないと思うんですよね。

しかもそれを「相手に向かって」「わざわざ口に出して」「伝える」ということは、良いところを見つけること以上にエネルギーを使うことだと思います。

「どうやったら、自分の感じたままに伝わるだろうか」とか。

「どういう言い方をしたら、お世辞じゃなく、本気で思っていることを伝えられるだろうか」とか。

そんなエネルギーを使って、勇気を持ってほめてくれた人に対しては、敬意を払うべきだと思っています。

だからこその「ありがとうございます」なのです。

ほめてくれた人を否定することになる

では、「いやいやいや~」としてしまうと、どういうことになるのか。

まず1つ目には、文字どおり、相手の言葉を否定することになりますよね。

それに、ほめることに使った、相手のエネルギーと勇気を否定することにもなります。

自分のことを否定する人のことを好きになれます?

ボクは、「なかなかできることではないなぁ」って思ってしまいます。

「いやいやいや」は傲慢?

「いやいやいや~」って言ってると、一見、謙遜しているように見えますよね。

でも、どうなんでしょうね。

でも、「いやいやいや~、私なんて・・・」って。

角度を変えて見たら、「私が本気を出せば、 今あなたが見ている『そんな程度』じゃないんですよ」って言っているようにも見えるかもしれません。

「そんな程度」かどうかは、相手が感じたことを言っているのにもかかわらずです。

「私は『そんな程度』じゃなくて、もっとできる人なんですから!」とか、

「私は本気出せばもっとできるのに、そんな程度に見られるのが『いやいやいや~』なんですよ」、という傲慢に見えてしまったら損ですよね。

本当はそんなつもりなく言っているだけなのかもしれないのに。

相手の言うことをありがたく受け止める

ボクの場合、相手の言うことを「そう思う」時でも、「そう思わない」時でも、まずは受け止めるようにしています。

「へぇ、そういう考え方もあるんだね」って。

その上で「ボクはこう思う」を言えば角も立ちにくいと思います。

これは、ほめられた時に限らずですが。

ほめられたら「ありがとう」

これをやっていると、良い循環が生まれると思います。

この人には言いやすい。

また言ってもらえる。

自分の心にとってもうれしい。

自己肯定感が上がる。

運が良くなる。

見た目や態度にも表れる。

また言ってもらえる。

こんな循環です。

今回は、ほめられた時の返答について書いてみました。

何か感じるものがあれば、是非やってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。