BABBO~人形町にある外観が特徴的なピッツェリアにやっと入れて愛するババにも出会えた話

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は人形町にあるピッツェリア「BABBO」に行ってきた話です。

人形町のBABBO

PIZZA DA BABBO
http://www.da-babbo.jp/

その名も「バッボ」

名前からして気になる~!

と思って、早5年くらい。

人形町、水天宮前に来るとしたら、月曜日が多いとーかいりんです。

そしてこの店は月曜定休なのです。

バッボ行こう!あ、今日休みだった。

バッボ行こう!あ、今日も休みだった。

ということを何度繰り返したことでしょう。

月曜以外にここを通る時は、おなかいっぱいの時だったり、満席で待ち時間が長い時だったり、花粉の時期で小麦粉を控えている時だったり・・・

バッボには永遠にたどり着けないのか・・・

なんて思考になっていました。

ついに!文字通り念願のBABBO!

この日は金曜日!

そしておなかもすいている!

そしてそして!開店直後で、最後の1席が空いている!!!

なんということでしょう。

その瞬間はあっさりと訪れました。

注文したのは、マルゲリータのセット。

サラダか、コーンスープかを選べます。

とーかいりんはコーンスープにしました。

コーンスープ

よくあるコーンスープではなかった!

コーンの粒がゴロゴロ入っていて、ドロっとして濃厚な、食べるスープでした。

これは満足度が高い!

そして・・・

マルゲリータ

「寿司屋に行ったら卵焼きを食え」のような、

「コストコに行ったらプルコギベイクを食え」のような、

「ピザ屋に行ったら、マルゲリータを食べろ!」という、独自のなんだかよくわからないこだわりがありまして。

だって、ピザソース、モッツァレラチーズ、バジルだけでしょ。

だから(もちろんピザ生地もそうですけど)、モロにピザを作る人の腕に影響すると思うんですよね。

うまいです!

もちっとしすぎない感じで、でもパリっともしていなくて、今まで食べたピザとは違う食感のピザで新鮮でした。

そのマルゲリータを食べている最中、テーブルの上にあるプチメニューが目に入ってしまいました。

そこには・・・

とーかいりんが大好きで大好きで、愛してやまない「ババ(サバランとも言う)」があるじゃないですか!!!

【参考情報】とーかいりんを手なづけたい場合、おいしいババがあれば、成功率は限りなく上がると思います(笑)

そんなババ、もちろん追加するに決まってるじゃないですか!

I love ババ

ババというのは、パンを甘く味付けをしたラム酒にひたしたデザートのことです。

食べるとジュワっとラム酒がしみ出してきます。

なんという幸せ。

BABBOでは、ブリオッシュというキノコのようなパンを、縦に44等分したうちの、2切れを使っています。

食べる度にジュワっと出てくるラム酒とブリオッシュのおいしさに、「もうこのまま終わらないで欲しい」とさえ思う、至福のひとときとなります。

最後はどんどんカットが小さくなるほどの名残惜しさ。

ああ、どうして、おいしいイタリアンの店には、おいしいババが置いてあるのだろう。

ピザも大満足だったんですが、このババを発見してしまったことにより、この日のランチタイムが、更に幸せな時間になったことは言うまでもありません。

おいしいババをお求めのあなたにとって、オススメなのはもちろんです。

ババってなに?というあなたも、ラムレーズンが好き!とか、チョコレートボンボンが好き!とかであれば、是非ご賞味ください。

おいしいですよ。

今回は、人形町の「BABBO」に行った話を書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。