万年筆を使い始めた理由と万年筆の使い心地、それにアウロラを愛する理由

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は万年筆の話です。

万年筆を使うようになったきっかけ

とーかいりんは万年筆を愛用しています。

使い始めた時期は、2005年か2006年頃だったかと記憶しています。

きっかけは雫井脩介の小説「クローズドノート」です。

主人公の女の子が文房具店に勤めていて、イタリアのデルタというメーカーの「ドルチェビータ」という万年筆を使っていました。

ドルチェビータはオレンジの万年筆

その色も特徴的ですし、筆記具好きな人が見れば、ひと目で「ドルチェビータ」とわかるデザインです。

男性が使っても、女性が使っても、かっこいい万年筆なのです。

当時、とーかいりんは分譲マンションをモデルルームで販売する仕事をしていました。

契約手続きにはボールペンが必要になるんですが、「数千万円の買い物をするお客様に、100円程度のボールペンを差し出すのは失礼」という理由で、高級ボールペンを持つのが当然!という暗黙のルールのような雰囲気がありました。

高級筆記具といえば?

真っ先に思い浮かべる人が多いのが「モンブラン」ではないでしょうか。

あの胸元に光る雪に覆われたモンブランの山頂のモチーフ、カッコいいですよね。

案の定、売れている営業マンはモンブランを持つ人が多かったですね。

でも、「誰もが知る有名なもの」にはあまり手が伸びないとーかいりんとしては、なにかカッコいいものないかな?と色々と物色してみた結果、ありました!運命の出会いが!!!

アウロラとの出会い

アウロラのクリップの流れるような美しさに、一目惚れしてしまったのです。

今にも雫がこぼれ落ちそうな瞬間を切り取ったような、美しいクリップ。

これがイタリアのデザインかぁ!!!といつまでも眺めていたのを覚えています。

初めて購入した高級筆記具は、アウロラの88(オッタントット)のボールペンでした。

アウロラのHP
http://www.aurorapen.jp/

せっかく購入したので、契約の時だけでなく、商談中にももちろん使います。

ちょうどそんな時に、前述の「クローズドノート」を読みました。

商談中に高級ボールペンでもいいけど、万年筆を使ってサラサラ~と説明したら、カッコいいだろうな。この人なんか違う!と思ってもらえるかな。

という不順な動機で使い始めたのは、今だから言えることです。

左:88の万年筆  右:88のボールペン

アウロラ88(オッタントット)の万年筆

どのメーカーにするか?などということは考えもしませんでした。

誰がなんと言おうとアウロラです。

クリップが美しいアウロラに決まっています。

「88(オッタントット)」の万年筆はとても高価で、当時のボクの「筆記具に出せる金額の限界値」を超えていたので、まず初めに買った万年筆はアウロラの「タレンタム」でした。

このタレンタムは「コンバーター式」だったので、「吸入式」の万年筆に憧れる生活は続きます。

それにやっぱり「88(オッタントット)」の万年筆への憧れは止みません。

上から下まで、もっと言えば、クリップの先まで、どこにも直線がない、すべて曲線で成り立つデザインに惚れ込んでいたんですよね。

結局、「88(オッタントット)」の万年筆を手に入れることになり、今に至ります。

万年筆を使ってみて

どんな時に使うかというと、勉強をしてメモを取る時、お客さんの前で何かを書く時、手紙を書く時、など、ボールペンと同じように使います。

万年筆を使っていると、評判は上々です。

「すごいですね」「高そうですね」とか、年配の方からは「関心だね」とか。

ただ好きで使っているのにオトクです(笑)

ボールペンとの違いは、力を入れずに書けることです。

毛細管現象により、紙の上をすべらせるだけで、インクが自然に紙に流れ出て、自然な線を書くことができます。

だから疲れないんですよね。

あとは、字がちょっとだけうまく見える効果もあるような気がします。

字が下手ではないけど、そんなに上手ではないとーかいりんとしては、男爵になったのをきっかけに真剣に上手な字を書こうと、少しだけ意気込んでいるところです。

デルタ廃業にショック

最近知ったのですが、デルタは2018年に廃業してしまったようです。

クローズドノートを読んでから「いつかはクラウン」ならぬ、「いつかはドルチェビータ」と思っていたので、非常にショックでした。

デルタの製品は市場に出ている分は購入できますし、中古でも出回っているので、購入自体はできますが、メーカーとしての保証や修理が受けられなくなるとのこと。

どうしても所有したい場合は、信頼できる万年筆の修理職人を知っておくのが一番だと思います。

最近のエースはアウロラ88「ソーレ」

デルタ廃業を知り、オレンジのドルチェビータを手に入れられなくなるのか!

手に入れられたとしても、既にメーカーはなくなってしまっているのか!と一気に焦りが急加速しました。

どうしてもオレンジの万年筆が欲しい。

そんな時に目の前に現れたのが、アウロラの88のソーレです。

ソーレは「太陽」の意味のようです。

このオレンジの万年筆は、前回の発売の時にはまだ興味がない時で、しかもとても手が届かない価格帯のものでした。

それが急に目の前に現れたので、まさに運命!迷うことはありませんでした。

上:88の万年筆  下:88ソーレの万年筆

とーかいりんは本当に運がいいんだなぁ!とこの時も実感したのでした。

これからも大切な相棒として、大切に付き合っていきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。