フロスしてますか?「リーチウルトラクリーン」のススメ

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回は「デンタルフロス」について書いてみます。

あなたは食後のフロスをしていますか?

デンタルフロスとは、ヒモ状の糸ようじのことです。

何十メートルもグルグル巻かれて売られているので、使う分だけ(30cmくらい)出して、それを切って使います。

使い方は簡単。

デンタルフロスの端を、両手の指に巻きつけて、真ん中の部分を歯の間に入れてギコギコするだけです。

歯に詰まったものを見事に引っこ抜いて、キレイにしてくれる優れものなんですよね。

わたくしとーかいりんは、食後のフロスなしでは気持ち悪くてムズムズしてしまうくらい、もうこれなしでは生きていけません。

使い始めたきっかけ

営業ひとすじ16年、身だしなみには気を遣い、口臭にも気を遣ってきました。

でもある時、食後に歯を磨いても、ガムを食べても、なんとなく口が気持ち悪かったことがあったんです。

食べたものが、歯の間に詰まって、それが歯磨きでは取り切れずに、歯の間で腐ってニオイを放っていたんですね。

どうにかできないものかと、色々調べてみると、この「デンタルフロス」にたどり着きました。

食後すぐの歯磨きはよくない?

なんでも、食後にすぐ歯を磨こう!という習慣は歯に悪いのだとか。

なぜなら、食後は口の中が酸性に傾いていて、歯のエナメル質が弱い状態にあるため、その状態でハブラシでゴシゴシすると、大事なエナメル質が削れてしまうというのです。

そんな話、聞いたことなかった~!

「食べたらすぐに歯磨き!」って教わってきた~!

のですが、その話を聞いてからは、歯磨きをするのは主に、朝食べる前(ボクは朝食は滅多に食べないんです。理由はまた別の機会に書いてみたいと思います)と、夜の寝る前になりました。

どうしても昼間に磨きたければ、食後30分以上経ってからにしています。

日中のケアはデンタルフロスだけで充分だと、個人的には思います。

あくまでも「個人的には」です。

気になった人は、自分で調べてみてくださいね。

どんなフロスを使ってきたか

当初は「ジョンソン&ジョンソン」の「REACH」というフロスを使っていました。

フロスには、表面にワックスが塗られていて歯の間を通りやすい「ワックス」タイプと、ワックスが塗られていない「アンワックス」タイプがあります。

両方試しましたが、とーかいりんは断然「ワックス」派です。

初めはワックスが塗られているのが気になりましたが、いずれのフロスでも、終わったらうがいをしますので、ワックスが塗られていてスムーズに歯の間を掃除できる方を選んできました。

次に使ったのは、歯科医院で売られていた、極小サイズの1個150円のデンタルフロス。

「フロスは持ち運びにかさばる」という不満があったので、500円玉よりも小さいサイズ感がとても気に入っていました。

フロスに対する不満

フロスは歯の間のちょっとしたギザギザで切れます。

たとえば、歯の治療のかぶせものとか、虫歯で葉がギザギザしているとか、ちょっとしたことで「プチっ」と切れます。

30cm出しても、真ん中が切れると、まだ使い始めたばかりでも、新しいフロスを出す羽目になります。

それはもったいないので、ボクは左手の巻取りを少なくして、左の端っこの方から使います。

こうすると、たとえ切れても、右側に長く残るので、もう一度チャレンジできるからです。

一般的なフロスは、食べ物を絡め取りやすいように、ケバケバした繊維質になっています。

そのフロス自体が歯の間に詰まってしまったことがありました。

フロス自体の物理的な詰まりは、歯を押し広げようとする力が働いて、むず痒いような痛いような。

とにかく不快です。

もう一度フロスを入れてもブチブチ切れますし、とにかく入っていかない。

爪楊枝で引っ張り出そうとしても、まったく刃が立たず。

翌日になって、歯科医院でプロの道具を使って取ってもらうまで痛い経験をしたので、フロスに対しては恐怖心が残ってしまったんです。

ケバケバ繊維質のフロスに代わるなにかないかなぁ・・・と思っていたところ、見つけました。

現在の愛用フロス

色々試して、現在使っているのは、銀座ステファニー化粧品(メーカー名はこれを書きながら初めて知りました!)の

「REACH Ultraclean(リーチ ウルトラクリーン)」です。

ウルトラクリーンの説明書きによると、

「繊維は繊維でも単一繊維の構造なので歯間に引っ掛かって切れたりしにくい」そうです。

ピンと来た方は、是非使ってみてくださいね。

歯の間に長いこと詰まっていたモノが取れた瞬間の爽快感(くっさ~い!こんなモノが詰まっていたのか~!)を是非体験してください。

気に入らなければ、ボクが買い取ってもいいくらいです(これは友人限定にさせていただきますが)。

と言い切れるくらい気に入ってもらえる自信があります。

今回は、デンタルフロスについて書いてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。