人のせいにしないことの大切さ~自分に起こる現象は自分に起因すると思うと楽になる

こんにちは!
とーかいりん男爵こと東海林大介です!
今回はとーかいりんが大事にしている「人のせいにしない」ということについて書いてみます。

書こうと思ったきっかけ

「人のせいにしない」は東海林家で大事にしていることの1つです。

以前書いたこの記事がきっかけで、改めてこれについても書いてみようと思いました。

自己肯定感は自分の考え方次第だが環境にも大きく影響を受ける
https://rinsuke.com/self-esteem/

この記事で書いたように、「自己肯定感は環境の影響を受ける」ことはあるんですが、だからといって、「環境のせいにする」「人のせいにする」ということとは違うことなんだと考えています。

人のせいにするとどうなるか

思考停止する

何かの失敗とか、不快に思うことを人のせいにすると、そこで考えることを辞められるので、楽です。だから、ボクも意識していないと、ついうっかり人のせいにしてしまいます。

失敗の原因を探すことはエネルギーを使います。大変です。だから、人のせいにすると楽なんですよね。

でも、思考停止すると何が起きるかというと・・・

成長がない

原因がわからないから、次も同じ失敗をするかもしれません。その時にまた「人のせい」にして、また同じ言い訳をするんですか?

ということなんです。

「全部自分が悪い」わけではない

人のせいにしないということは、「じゃあ『全部自分が悪い』ということ?」と聞いてくる人も中にはいます。

ボクはそうではないと思います。

「自分が悪い」のではなく、「自分に起因する」と考えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、満員電車でイヤなヤツに遭遇してしまったのは、「自分が悪い」のではなく、「自分に起因する」と考えてみるということです。

どういうことかというと、自分が選んだ会社に通わざるをえないからだ。ということ。それに良いも悪いもありません。

ボクの場合は極力、満員電車に乗りたくないので、どうしてもその時間帯のアポイントがある場合は、人が少ない極端に早い時間帯にずらして電車に乗り、近くのカフェなどで自分を高める時間に充てるようにしています。

勉強をする時間に充ててもよいでしょう。送られてきたメッセージに返信をする時間に充ててもよいでしょう。本を読んでもいいでしょう。ブログを書いてもいいでしょう。

究極的には、どうしてもその状態がイヤだったら、その生活を変えてもいいでしょう。会社を変えてもいいでしょう。

強制されていると思い込んでいるだけで、本当は誰からも強制されてはいないんですから。

解決策を見つけよう

ということが一番言いたいことなんですよね。

何か不快な思いを抱いたら、それを他のもののせいにするのではなく、「どうやったら不快な思いをしなくて済むか」を考える

それによって、一歩前進すると思うんです。

会社の同僚との関係においてもそう。

友人との関係においてもそう。

夫婦の関係においても、子どもとの関係においても、親との関係においてもみんな同じ。

だから、うちでは息子に「人のせいにしない」ことの大切さを、特に厳しく言い聞かせています。

この他には、「時間を守る」ということがあります。

念のために書いておきますと、この3つのこと以外については、いたってゆる~いと思います。

味噌汁をこぼしても、ヤケドさえしていなければ、「やっちゃったねぇ」って笑っているし、失敗するのは当たり前なので、ゆる~くいったらいいじゃん、と思っています(笑)

東海林家で特に大事にしている3つのこと

(1)自己肯定感

(2)人のせいにしない

(3)時間を守る

前回と今回で、「自己肯定感」「人のせいにしない」ことの大切さについて書いてみましたが、別の機会に3つ目の「時間を守る」についても書いてみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




2,000万円貯めるのは大変でも
2,000万円出費を減らすのは簡単です

家族思いなあなたにだからこそ、是非とも私は伝えたいのです!

「なんだかもったいないなぁ」と漠然と思っているけど、どうしたらいいかわからないあなたに向けて役に立つ話をします。

お金はかからないので、あなたにリスクはありません。気になる方は下のボタンからどうぞ。